レズで発達障害で。

発達障害(ADHD)で、同性愛者のわたしの毎日。あなたの暇つぶしに、心の糧に。

お母さん、心配しないでね

ハートネットTVで、性暴力被害についての特集をしていたので、数年前のことを思い出しまして、久々にブログを書くことにしました。

初回の投稿で少し触れましたが、自分にも経験があります。軟禁と性暴力。自分が住んでいたマンションに踏み込まれてのことでした。

当時、あるきっかけで距離が縮まった男性に「同棲しよう」と持ちかけられます。しかし場所はわたしの住んでいたマンション。要は転がり込んできたわけです。親も厳しく、同棲なんてもってのほかというわたしの家事情を「いいから、いいから」「ばれなきゃいいんだって」と言葉巧みに上がり込みます。そこから態度が一転、暴力をふるい始めます。家の外に出ることも許されず、彼が買ってきたコンビニ弁当が毎日の食事でした。唯一認められた娯楽はスマホのアプリゲーム。レベルだけがどんどん上がっていき、無意味な毎日を積み重ねていきました。

その頃実家では、長年飼っていた愛犬が瀕死の状態でした。死に際に一目会いたいと懇願するも「お前は嘘つきだから」「逃げるつもりだろう」と一蹴され、外に出ることも許されません。

このままじゃマジで死ぬ。諦め掛けていたのに、なぜか急に生存本能に目覚めたわたしは生きる気力を振り絞って、目を盗んで警察に通報し、逃げることに成功しました。

 

そうして家族に再会します。

 

思っていたよりも家族の反応は冷ややかで、身内でこんな恥ずかしい奴が出るとは…という無言の圧力。

言葉に詰まりながらも、母へ発した第一声は「心配しないで」でした。本当は助けて欲しかったはずなのに、母の心配する顔を見たくなかったのです。小学生の頃からいじめられっ子だった自分。背も高く、大人びた顔立ちだったため、クラスの子だけではなく上級生からも「妖怪」「外人」と言われいじめられていたわたし。そのことが母親にばれないかいつもドキドキしていました。お母さんが悲しむから。病気ばっかりして、家にもほとんど帰れず入院しているお母さんの前では子供らしくいたい。いつまでも大人になっちゃダメなんだ…。自分の気持ちはその頃と少しも変わりはありませんでした。

 

母の言葉は、「あんな人間のクズに騙されて、あんたは本当に恥ずかしい子だね」。自分にとって、暴力に屈し軟禁状態の毎日を過ごしていたことよりも、一番辛い瞬間でした。

 

先述の番組内でも紹介されていたように、性犯罪というのは犯罪の中でも、被害者が責められることが非常に多いものだと思います。わたしも、その後お付き合いした男性もいましたが、それでもこの話は墓場まで持って行こうと考えていました。「言わなきゃ分からないから、黙っていなさい。」これも、当時の母の言葉でした。←ま、結局別れるんですけどねw

 

わたしと母の間の絆は、もはや修復不可能かと思われました。幼い頃から姉としての立場を貫き、病弱な母を悲しませるまいと、問題も自分で解決する毎日。それが祟って、「あの子はわたしに何の相談もしてくれない」と次第に母から距離を置かれるという悪循環。さらに自分があんな人間の口車に乗せられたことで、母との関係にトドメをさしたんだ。わたしのせいで。わたしがバカだから。そう思っていました。

 

確かに、自分のせいでもあります。物事をはっきり言えない自分の性格が悪かったと思います。だけど、きっと、自分一人のせいではなかったと思いたい。これを読んでいる、子供を持つお父さん、お母さんは、子供がもし同じ境遇になったとき、ただただ、辛かったねと抱きしめてあげてほしい。たとえ自分にも非があったとしても、暴力が許されるはずはないのだから。

 

わたしはすぐ婦人科へ行きました。緊急処置と検査を受け、幸い今は普通に過ごせています。(がんの検診は要経過観察なのですが、関係ないと思いたい。)が、やはり、直接ではない後遺症が残ります。未だにそのマンションがある付近の駅には近寄りたくありませんし、一人で家にいるときに外から物音がするとビクビクします。大きな声を出す男性も苦手です。

 

母とはその後、発達障害がきっかけで和解します。ある本に書かれた「ADHDの女性は、自己評価が低く、悪い男性に騙されやすい」という、あるある…ねーよw的な一節を鵜呑みにし、「あの時はごめんね」と泣いてわたしを抱きしめてくれたのです。わたしにはそれで十分でした。30年間、母に甘えられなかった思いが、浄化されていくのを感じました。

 

こうして、いろいろ紆余曲折ありながら、正常な母娘関係になってきている今日この頃だと思っています。困ったことを一番に相談できるのは母で、一番頼りにしているのも母。こんな風になれたことだし、発達障害も悪くないな。いや、そもそも元凶はそれなのか?w

いずれにしても、母も同じく、今の関係を大切に思ってくれているといいな、同じ気持ちだといいな…。

 

 

 

さて、今日は何だか重たい話になってしまいましたので最後に明るいニュースを一つ。先日ブログで紹介した「ブラデリス」のおかげで、順調に体型が洗練されていって(いる気がし)ます。明るいニュースって自分にとっての話じゃねーかよwって声が聞こえてきそうですが、何か?その通りです!←

るちるでした。またね!

 

参加しております、ぜひクリックお願いいたします。


発達障害ランキング


セクシャルマイノリティランキング

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 大人のADHDへ
にほんブログ村

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性結婚へ
にほんブログ村

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ セクシャルマイノリティへ
にほんブログ村

コンプレックスに向き合うということ。

るちるです。わたしの街はここのところ天気がずっと悪く、ぱっとしない天気が続いています。

突然ですがわたしは非常に自分の体に多くのコンプレックスがあります。太れなくてやせ形なのは、うらやましいと言われることも多いですが実際は貧相で、生きる上で非常にこれがネックになっていました。大げさだよ!!と思われるかというのは覚悟の上ですが、気になることは何でも気になる性格のわたしは長らく悩んでおりました。妻が非常に理想的な体型なので最近はなおさら…

いやでもいつまでも悩んでいても仕方ないじゃないか!ということで

shop.bradelisny.com

ついに手を出してしまいました、ブラデリス。気になることがあると何も手につかないわたくしは、藁にも縋る思いでさっそく取扱い店舗に行ってみました。すると・・・

 

「いらっしゃい!!」

 

うぉおびっくりした!!!ww棚の陰から突如現れて元気に声をかけてくださったのは50代くらいのフィッターさん。他にもスタッフの方は何人かいらっしゃいましたが、みんな同じくらいの年齢。ニコニコしながら「ゆっくり見ていってねー」と言ってくださいます。そうか…補正下着のショップとなるとスタッフさんもある程度の経験があるご年齢の方なのか…。今まで下着を購入していたお店とはまた雰囲気が違います。ふむ、ゆっくり吟味させて頂こう…

と思っていたところ先ほどの女性スタッフが一言

「あなた、身長おいくつ?」

ひ、163cmですが…と答えると「勿体ない!背筋伸ばして!」と背中をポンと叩いて一言。な、なんだこのおかん的なノリは!今まで買い物に来てこんなこと言われたことなかったぞ!

そしてブラデリスを見に来たことを話すと、この下着のメーカーの前提として1~3までのステップがあることを教えてくださいました。1で土台を作り2で固定、3でリフトなんだそうな…今までそんなこと考えないで下着選びをしていた自分にとっては衝撃でした。ふぇぇ…

おかんは恐れおののくわたしに向かって続けます。

「ブラのサイズはいくつかしら?」

え、Fです…と答えると「あら~ごめんね、CかDくらいかと思ったわ~」うっ…自分でもそんなにないと思ってるからいいんだけどね!(涙)

「とりあえずこれ、つけてみなさい。つけたら呼んでね!」と一言、おかんはブラを手渡して試着室のカーテンを閉めたのでした…。ていうかこの試着室、呼び出しボタンがない!おそらく女性の方ならお分かりだと思いますが、下着の試着室というのは呼び出しボタンがあり、ブザーで呼ぶんですが、それがない…やむを得ずおかんを「すみませ~ん…」と呼ぶのでした。なんたるアナログ!

「どう?あら、いいかもね」とおかんがわたしの試着を助けてくれるのですが…!

えっ!!これがわたし!!

昭和末期の少女マンガのごとくセリフがわたしの頭を走ります。まな板のように凹凸のないわたしの体が萌え絵のようなメリハリ体型になってる!!!なにこれこわい!!(いい意味で

おかん曰く、わたしの胸にあるはずのお肉はすべて背中に流れてしまっていて、非常にもったいないことになっていたそうです。知らないってこわい!!そしてこのお母ちゃんみたいなフィッターさん、非常に知識も豊富で、装着方法についても事細かに教えてくださいます。最終的に申告通りFカップでちょうどいい、ということになりお会計を済ませ、他のお母ちゃんたちにも

「ちょっとあなた、(試着してみて)どうだった?」「あら、細いのにFなの?うらやましいわ~」「ホント、いいわねぇ」と称賛(?)される展開に…なんなのこのアットホームさ!

 

最後にフィッティングしてくれたお母ちゃんがわたしに一言。

「ちょっとぐらいふんぞり返って、偉そうでもいいから、背筋を伸ばしなさいね」とまた背中をポンと叩いて一言。少しうれしい気持ちでお店を出ました。お母ちゃんはずっとわたしの背中を見送ってくれていました。

 

コンプレックスが一つ解消されるというのは、障害物が一つなくなるということでもあるな、と感じました。まぁ、もちろん、自分にはどうにもならない部分もあるんだけどね、ほかにも。

「コンプレックスは裏返せば個性」とは言えども、どうしても個性と割り切れないコンプレックスには、わたしは思い切って挑んでみるのも一つの方法だと、今回思いました。個性と納得できるのならもちろんそれが一番なのですが、そうもいかないよね人間って。背が低いのがコンプレックスならヒールを履いてもいいじゃない。太っているのが嫌ならダイエットをしたっていいじゃない。納得いくまで挑戦するというのは、いいことなんじゃないのかな、と思います。

 

そんなわけでまた出費をしてしまったわたくしですが、これは必要経費です!!!(結論w

 

 

参加しております、ぜひクリックお願いいたします。


発達障害ランキング


セクシャルマイノリティランキング

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 大人のADHDへ
にほんブログ村

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性結婚へ
にほんブログ村

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ セクシャルマイノリティへ
にほんブログ村

IQ108でした。(コンサータ18mg×2で)

タイトルの通りです。

こんにちは、るちるです。本日通院だったのですが、先日のWAISの結果が出ておりました。結果はコンサータ18mg×2でIQ108。正直、2錠で108となると、服薬がなければなかなかボーダーラインな気がしています。結構ギリギリっぽいですよね…しかしさすがはコンサータ、どの結果もきれいに均等な数値が出ていたそうです。先生は「えっ、薬飲んでWAIS受けちゃったの?」と言ってましたが前日に電話したら「飲んでいいですよ」って言ってたのは誰だっけか( ^ω^)・・・←

 

一度一週間くらいコンサータ飲まずに完全に薬抜けた状態でもう一度試験をやってみたいところですね。そして先生は「服薬すれば、何の問題もなく普通に働けるよ!」と励まして(?)くれたので、ちょっと安心。あとは自分がどれだけ「服薬してこの程度なんて…」と劣等感を持たないかにかかっている気がします。頑張れ自分。周りなんか気にするな!

 

ところでハローワークに出す診断書も書いてもらったのですが、進路が決まったため不要になってしまいました。今後何かに使えるわけでもないのでもったいないな…と思い、とりあえずじっくり目を通してみました。(項目少ないのですぐ見終わるんだけどさ)

診断書にははっきり「ADHD」の4文字が。「日常生活には問題ないが、社会生活上困難」とも書かれていました。…あのさ、本当に今まで10年くらい社会人頑張ったよ自分!!本当に褒めたい!←

それでも服薬で「全然問題ないね」とお墨付きを頂けたので、きっと大丈夫な気がします。これを「10年棒に振った」と考えるか「10年無駄にしただけで済んだ」と考えるか。自分の気持ち次第でダメにもなるし良くもなれる、そんな瞬間に生きていると感じました。

 

 

 

参加しております、ぜひクリックお願いいたします。


発達障害ランキング


セクシャルマイノリティランキング

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 大人のADHDへ
にほんブログ村

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性結婚へ
にほんブログ村

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ セクシャルマイノリティへ
にほんブログ村

いきなりフリーランス?

ご無沙汰しております、るちるです。
この度、色々ありまして、会社を退職することにしました。そして、独立することになりました。

わたし自身、独立ということは全く考えたことがなく、会社にベロベロに甘えていた今までの人生なので確定申告の仕方もロクに分かってないのですが、ご縁があって(妻の紹介で)お仕事の委託をお受けすることになったのでした。
ありがたいことに複業にも寛容なので、また物書きとしての人生を再開することができそうです。

フリーランスという言葉はよく耳にはしていたけど、うちの会社でも「独立したい!!」を口癖にしているゴリゴリの体育会系の男性とかそういう人にしか縁のないものかと思っていたので、「まさか自分が…」という気持ちです。いや本当に。文系女子大卒、将来の夢はお嫁さんだったわたしが独立なんて、夢にも思いませんでした。いずれにしてもこれからは何にも頼ることなく自分の足で、自分の力でなんとかしていかないといけないんだな…と思うと背筋も直ります。

と、同時に、「やりたいこと」をゴミ箱に放るように捨ててきた去年のわたしに、大丈夫だよ、続けなよ、って言ってやりたい。複業禁止のため、ライティングの仕事を手放して働いていたものの人事異動で書くことから完全に離れ、やりたいことが公私ともに見えなくなってしまって、行き詰まっていた3月のわたしに、大丈夫だよって言ってやりたい。結局、「会社勤めをしなければならない」というしがらみにとらわれ、やりたいことを全部捨てた結果、最終的に何も残らなかったわけです。

この国は、「やりたいことをやりなさい」という割に、「やりたくないことをしない」には全然寛容じゃないと思います。甘えだとか、頑張れないのか、とか、苦労をしろ文化だなぁと常々思うのです。
だけど、それって、時と場合によっては有りなんじゃないか?
わたしも今回、それほど必要に感じないことを手放して、やりたいことがようやく手元に残った感じです。結局やりたいことを手放したら、手元に残ったのはやりたくないことで、それをさらに手放したら、やりたいことがまた明確になった、というシンプルな図式だったはずなのに、悩みすぎてその渦中にいることすらわからなくなっていました。
「やりたいことをやりなさい」の言葉に悩まされている人は実際多いと思います。「やりたいこと」はあるのに、出来てないという現実のギャップに悩む人、そもそも「やりたいこと」がわからずモヤモヤしてる人。やりたいことをしてる人が眩しくて、どんどんひねくれていく気がします。そんな人は、やりたくないことを捨て続ければ、やりたかったことが手元に残るのではないでしょうか。そんなこと言っても、現実には難しいとは思うのですが、それこそ仕事をやめるとかそんな大きな決断じゃなくても、仲良しか微妙なグループから抜けてみるとか、どうでもいいランチのお誘いを断るとか、そういうのでもいいと思うんですよね。


何が言いたかったかというと、まず仕事を辞めますということ、そして、「やりたいこと」「やりたくないこと」の気持ちに正直でいるのが自分にはちょうどよかったな、ということ。おそらくわたしたちの生活に、「やりたくないこと」は溢れているはずです。それを一個ずつ整理する気持ちでいれば、自ずと道が見えてくると実感した、6月なのでした。

 

 

 

参加しております、ぜひクリックお願いいたします。


発達障害ランキング


セクシャルマイノリティランキング

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 大人のADHDへ
にほんブログ村

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性結婚へ
にほんブログ村

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ セクシャルマイノリティへ
にほんブログ村

 

「同性婚」は法律違反?

こんばんは、るちるです。

先日の「同性婚」についてのちょっと続きを。

 

日本国憲法においての結婚は、「両性の合意〜」という非常に曖昧な書かれ方をして、まぁ、これが、異性同士の合意という解釈になり、結果同性婚は認められないということなのですが。

わたしは、法的に認めて欲しいと思っています。

法的に認められないことで、

・扶養に関する問題

・相続や遺産に関する問題

・危篤状態などのときの面会の問題

などがあるわけですが…

 

そもそも、「婚姻」という契約を締結できないことで、社会から疎外感を感じる同性カップルも多くあるのでは?と思います。真面目な人であればなおさら、周囲からの「なんで結婚しないんだ」をまともに受けてしまいそうですし(ていうか、外野がそんなこと言うのが、もう余計なお世話なんだよwとは思う)…

法的に認めることは、様々な権利を認めると同時に、同性のカップルに勇気を与えてくれるのではないかとも思います。わたしたち、愛し合ってもいいんだ、と。後ろめたさがあるカップルが、ゼロってわけではないと思う。それに人ってやっぱり、肯定されることに越したことはないと思うし。権利云々もだけど、法的に肯定するってすごい基本的に大切なところですよね。

 

パートナーシップの条例は嬉しいです。でも、法的に認められないのであれば、それを補うのではなく、改変してほしいという気持ちがあるのも事実です。

 

妹には「お姉ちゃんが生きてる間には、まぁ、無理だろうね」と言われました。わたしもそうだと思います。

だけど、この国でいつか、同性のカップルが法的に認められ、周りの差別意識も薄らいでいく日が来ることを願ってやみません。

 

今日はちょっと真面目な話でした。

いつも真面目だけど…いやそんなことないかw

おしまい。

 

参加しております、ぜひクリックお願いいたします。


発達障害ランキング


セクシャルマイノリティランキング

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 大人のADHDへ
にほんブログ村

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性結婚へ
にほんブログ村

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ セクシャルマイノリティへ
にほんブログ村

「同性婚」の終わりについて。

るちるです。

昨日こんなニュースを見てしまいました。

news.yahoo.co.jp

 一ノ瀬文香さんと杉森茜さんのお二人が破局していたということ。インターネットでは色々な意見が飛び交っていますね。「同性婚なんてままごとのようなものだから」「これだから同性婚は」などのコメントも見受けられますが、それは違うとわたしは声を大にして言いたい。

同性婚は日本では法的にまだ認められていないため、いくつかある法律を組み合わせて、婚姻に近い状態にするというのが現状です。その手続きは任意後見契約などの煩雑なものを含め本当に色々とあります。養子縁組をする方もいらっしゃいますし、こう言っては何ですが婚姻届の提出よりも工数はやはり多いのです。それのどこが「ままごと」なのでしょう?関心を持てとは言いませんが、無知であるならその事象に関しては、言及するに値しないと思います。もっと簡単に言うと、関心ないならほっといてくれ!(´;ω;`)ってことです 笑

あとね、「これだから~」という人に関しては、早い人は異性愛、同性愛問わずスピード離婚してしまうものですし、一概には言えないんじゃないかと思うんだぜ…!w

 

このニュースを通して色々思うことはあるのですが、妻とは末永くやっていきたいなと改めて思いました。同性婚というのは、社会的にも手続き的にも難しいものですが、それでも「一緒にいて楽しい」と思える相手と生涯を共にするためには、それを一緒に乗り越えていかなくてはいけない、っていうかきっと、乗り越えられるはずだから。

 

 

参加しております、ぜひクリックお願いいたします。


発達障害ランキング


セクシャルマイノリティランキング

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 大人のADHDへ
にほんブログ村

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性結婚へ
にほんブログ村

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ セクシャルマイノリティへ
にほんブログ村

コンサータの効力とはいかなるものなのか。

るちるです。

奥さんがいて、仕事があって、それで十分なはずなのに、どうしても最近のわたしは、打ち込めることがなく時間を浪費している気がして、あーなんか今日も一日が終わってしまった、という気持ちでいっぱいになります。唯一写真を撮っている時だけはなんだか無心でいられる(そんなにうまいわけでもないけど)。写真仲間さん欲しいです、切実に。

 

さて今日はコンサータの威力について書いてみたいと思います。どれほどまでに凶悪(いい意味でも悪い意味でも)なお薬なのか、以前もこのブログで触れましたが、改めて書いてみたいと思います。

 

とんでもなく集中できる。

これはもう本当に仕事をするうえで欠かせないところですが、飲んでいる間はありえないほど集中できます。未だかつてこのような集中力が自分に備わっていると感じたことがあっただろうか(いや、ない)。これだけで1.5倍くらいのパフォーマンスが出せる気がします。さらに…

 

処理能力が大幅にUP。

計算や仕事の処理、ADHDが特に苦手とする並行してのタスク処理が難なくこなせるようになります。不思議でならないんですが、人間って本来であればこんなにも器用な生物だったんだなーと改めて感じる瞬間です。サクッと終わらせることが出来るようになるし、仕事も2倍、3倍のスピードで進んでる感じはあります。結果、自信につながり、コンサータだけでもうわたし生きていける!ワーイ!!とか思ってたこともありました。…

 

だがつまらない思考になる。

これは犠牲にするには致し方ないことなのか、楽しい発想とかが全然できなくなります。また、処理能力が上がったからと言って不安感情が消失するわけではないので、必要に応じてワイパックスなどを飲まないとハラハラドキドキしながら計算マシーンと化するしかなくなってしまいます(全般性不安障害も併発しているわたしの話です)。さらには冒頭で書いたみたいに「打ち込めることがない」「余暇を楽しめない」という思考にハマってしまい、結果的にコンサータだけでやっていくことは無理だと先日悟りました。

 

結果、飲まないとやっぱ死ぬ(社会人として)。

二回目ですがこれはガチ。あと、コンサータ飲んで「なんでもできる!!」って気持ちになってほかのお薬辞めちゃうのはぜったいにダメです。何か併用して飲んでいる方は絶対に医師の指示にしたがってお薬服用してくださいね!

 

最後になりましたが先日から悩んでいた退職の件を上司に話しました。(幸いなことに引き留めてもらえましたw)いずれにしても、自分がベストな形で今後を考えていきたいと思います。

 

参加中です。ぜひクリックお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 大人のADHDへ
にほんブログ村