レズで発達障害で。

発達障害(ADHD)で、同性愛者のわたしの毎日。あなたの暇つぶしに、心の糧に。

忙しい人のための「障害者自立支援法(とは)」

るちるです。

前回の更新から1週間近く経過してしまったことに驚き。そして前回「暖かくなってきましたね」とか言ってましたが、今日わたしが住む街では大雪でした。…もう春とか何なのそれ食べ物?っていうくらい暖かさに縁のない北国です。風が目に染みて涙出てくるとかいうレアな経験が出来ちゃう土地なんだぜ(しなくていい)

 

さて、今日はタイトルの通り、みんな気になる障害者自立支援法について。

いざ発達障害と診断されたところで、それに対する補助がなければやっぱり心細くなりますよね、、というわけで。

 

障害者自立支援法

障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律 - Wikipedia

…(長い)

そう、これは通称「障害者自立支援法」であり、正式名称は障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律というんですね。長い(二回目)

具体的な中身は…

厚生労働省:障害者自立支援法案

うっ…うおおおおおおおwwwwwww長いwwwww(三回目)

…ので、すっごーくシンプルにかいつまんで一番大切なところを言うと、これが適用されると医療費の負担がぐっと下がります。具体的に言うと、普通の医療費が会社だのなんだのの保険に入って3割のところを、なんと1割で受けることが出来るというものです。診察代だけではなくお薬代もなので、これはうれしい。発達障害のお薬は、コンサータをはじめ高額なものが多いのでとても助かりますね。わたしも以前は7000円近くかかっていた薬代が、これによって2500円くらいで済んでいます。所得によって月の上限負担額も違ってくるようなので、詳しくは市町村の福祉課へ。

どのようにすれば受けられるかというと、先生に診断書を書いてもらって、必要書類をそろえて市役所へ。手帳と同時申請もできるようです。審査後、1か月ほどで(通った場合は)こういうものがもらえます。

f:id:rutilechanxxx:20170413211425j:plain

 

 

日付が書き込めるようになってて、ここに通院した日付を書いていくわけですねー。

…とまぁすっごくサラッと書いたわけですがなんかこういういいまとめを全部書いた後に見つけちゃったよ!チクショー!

matome.naver.jp

そんなわけでまた次回お会いしましょう。次は多分手帳の話とかします(多分←