レズで発達障害で。

発達障害(ADHD)で、同性愛者のわたしの毎日。あなたの暇つぶしに、心の糧に。

いきなりフリーランス?

ご無沙汰しております、るちるです。
この度、色々ありまして、会社を退職することにしました。そして、独立することになりました。

わたし自身、独立ということは全く考えたことがなく、会社にベロベロに甘えていた今までの人生なので確定申告の仕方もロクに分かってないのですが、ご縁があって(妻の紹介で)お仕事の委託をお受けすることになったのでした。
ありがたいことに複業にも寛容なので、また物書きとしての人生を再開することができそうです。

フリーランスという言葉はよく耳にはしていたけど、うちの会社でも「独立したい!!」を口癖にしているゴリゴリの体育会系の男性とかそういう人にしか縁のないものかと思っていたので、「まさか自分が…」という気持ちです。いや本当に。文系女子大卒、将来の夢はお嫁さんだったわたしが独立なんて、夢にも思いませんでした。いずれにしてもこれからは何にも頼ることなく自分の足で、自分の力でなんとかしていかないといけないんだな…と思うと背筋も直ります。

と、同時に、「やりたいこと」をゴミ箱に放るように捨ててきた去年のわたしに、大丈夫だよ、続けなよ、って言ってやりたい。複業禁止のため、ライティングの仕事を手放して働いていたものの人事異動で書くことから完全に離れ、やりたいことが公私ともに見えなくなってしまって、行き詰まっていた3月のわたしに、大丈夫だよって言ってやりたい。結局、「会社勤めをしなければならない」というしがらみにとらわれ、やりたいことを全部捨てた結果、最終的に何も残らなかったわけです。

この国は、「やりたいことをやりなさい」という割に、「やりたくないことをしない」には全然寛容じゃないと思います。甘えだとか、頑張れないのか、とか、苦労をしろ文化だなぁと常々思うのです。
だけど、それって、時と場合によっては有りなんじゃないか?
わたしも今回、それほど必要に感じないことを手放して、やりたいことがようやく手元に残った感じです。結局やりたいことを手放したら、手元に残ったのはやりたくないことで、それをさらに手放したら、やりたいことがまた明確になった、というシンプルな図式だったはずなのに、悩みすぎてその渦中にいることすらわからなくなっていました。
「やりたいことをやりなさい」の言葉に悩まされている人は実際多いと思います。「やりたいこと」はあるのに、出来てないという現実のギャップに悩む人、そもそも「やりたいこと」がわからずモヤモヤしてる人。やりたいことをしてる人が眩しくて、どんどんひねくれていく気がします。そんな人は、やりたくないことを捨て続ければ、やりたかったことが手元に残るのではないでしょうか。そんなこと言っても、現実には難しいとは思うのですが、それこそ仕事をやめるとかそんな大きな決断じゃなくても、仲良しか微妙なグループから抜けてみるとか、どうでもいいランチのお誘いを断るとか、そういうのでもいいと思うんですよね。


何が言いたかったかというと、まず仕事を辞めますということ、そして、「やりたいこと」「やりたくないこと」の気持ちに正直でいるのが自分にはちょうどよかったな、ということ。おそらくわたしたちの生活に、「やりたくないこと」は溢れているはずです。それを一個ずつ整理する気持ちでいれば、自ずと道が見えてくると実感した、6月なのでした。

 

 

 

参加しております、ぜひクリックお願いいたします。


発達障害ランキング


セクシャルマイノリティランキング

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 大人のADHDへ
にほんブログ村

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性結婚へ
にほんブログ村

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ セクシャルマイノリティへ
にほんブログ村